shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

emma 映画「妖怪人間ベラ」初日舞台挨拶!

emma出演映画「妖怪人間ベラ」が9/11(金)公開初日を迎え、翌12日池袋HUMAXシネマズにて行われた舞台挨拶に、森崎ウィン、英勉監督、主題歌を手掛けたBREAKERZのDAIGOさん、AKIHIDEさん、SHINPEIさんと共にemmaが登壇した。

同作は、1968年にテレビアニメが放送され、近年では実写ドラマ化や映画化などリメイクが続く『妖怪人間ベム』の登場人物“妖怪人間ベラ”に焦点をあてたオリジナル作品。『貞子3D』シリーズ、『賭ケグルイ』などを手掛けた英勉氏が監督を務め、「妖怪人間」の世界観をより狂気へと導き、さらにドラマチックに映画化した。

広告代理店に勤める新田康介(森崎ウィン)は、今や忘れ去られたコンテンツである「妖怪人間ベム」の特集のため、渋々訪れた廃墟で偶然にも幻の最終回を目にしてしまう。その予想もしなかった衝撃の結末に狂いそうになる新田。彼女が街に現れたのはちょうどその時だった——。
転校先の学校でも周りとは明らかに違う雰囲気を持ちながら物静かなベラ(emma)はいつも一人ぼっち。彼女に興味を抱いた同級生の牧野沙織(桜田ひより)は、仲良くなろうと近づく。しかし同じ学校の人気者・綾瀬莉子(吉田凜音)のファンでもある彼女の精神は得体のしれない狂気にむしばまれながら病んでいく。一方、執拗にベラを追う新田も徐々に狂気的な行動が目立つようになり、次第に家族の鮎美(堀田茜)や陽太(吉田奏佑)との間にも不穏な空気が流れるようになっていく。そんな夫を不安に思った鮎美は探偵の霧島(六角精児)に調査を依頼するも、常に異常なまでに冷静沈着でいる霧島。そしてやがて訪れるベラとの出会い。霧島の真の目的。ベロとベムの行方。果たして幻の最終回が意味するものとは——。

emmaはベラを演じている。

上映後の舞台挨拶に登壇したemmaは、「今日はお足元の悪い中、お集まりいただきありがとうございます。短い時間ですが、最後まで宜しくお願いします。」と挨拶。

演じたベラ役について、「セリフの数はあまり多くないのですが、居るだけで雰囲気があったり、目を見ただけで怖いと思わせたりする役柄だったので、モデルとして今までやってきた雰囲気作りや所作が役立ったのかなと思っています。」と、モデルとして活動するemmaならではの役作りを話した。

また、BREAKERZのSHINPEIさんからベラについて、"お美しい。あんな転校生が来たら恋に落ちちゃう"と絶賛されると、「まさかここでモテるとは思っていませんでした(笑)。ありがとうございます。」と笑顔を見せた。

主題歌『BARABARA』を聴いた感想について、「この映画にめちゃくちゃぴったりの曲だと思いました。ラストに流れるので最後まで楽しめるというか、曲が流れて、"やっぱりこの映画怖かったな、面白かったな"と思いましたし、この曲があることで映画がもっと面白く感じられました。」と語った。

映画「妖怪人間ベラ」は、池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほかにて全国順次公開中!
また、現在映画「妖怪人間ベラ」の前日談となる、連続ドラマ「妖怪人間ベラ~Episode0~」がAmazon Prime Videoほかにて配信中。
連続ドラマとあわせて、ぜひ劇場でお楽しみください!

■作品サイト
https://bela-movie.com/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top