shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 監督作品・映画『きみの瞳(め)が問いかけている』リモート完成報告イベント!

三木孝浩 監督作品・映画『きみの瞳(め)が問いかけている』リモート完成報告イベントが、9/15(火)に行われ、吉高由里子さん、横浜流星とともに三木が登壇した。

同作は、不慮の事故で、視力と家族を失った女と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた男、光を失って生きてきた二人が織りなす運命のラブストーリーで、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』、『フォルトゥナの瞳』などを監督した三木孝浩による最新作。

目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子さん)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にした――かに見えた。
ある日、明香里は、誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。以来、ずっと自分を責めてきたと言う明香里。だが、彼女の告白を聞いた塁は、彼だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気付いてしまっていた――。

イベントに登壇した三木は、「本作を監督させていただきました三木孝浩です。公開に向けて皆で応援していくムードを一緒に作っていただければと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

吉高さん、横浜の印象について、「吉高さんは、映画『僕等がいた』でご一緒させていただきました。僕の長編作品2作目で、まだまだ監督という立場がしっくりきていないときに、2部作で大変な現場だったんですけども、彼女の人柄やスタッフへの気遣いにすごく助けられた記憶があって、僕としては戦友のような存在でした。本作は短いスケジュールの中で、現場も大変だったんですけど、吉高さんがいれば大丈夫だなという安心感がありました。横浜くんは、昔ミュージックビデオでご一緒していて、またいつかご一緒できればと思っていたので、念願が叶って嬉しかったです。今回、アクションを撮れるのがすごく楽しみで、しかも極真空手の世界チャンピオンにもなったこともあるという素晴らしい素質の持ち主の横浜くんとアクションシーンを撮れるのはワクワクしかなかったです。最初の練習からかぶりついて見ていて、そのときの体つきを写真に撮ったんですけど、(撮影時には)全然見違えていて、努力の過程を知っていた分、その頑張りに感動しました。」と明かした。

同作は、「第25回釜山国際映画祭」に特別上映作品としての出品が決定。「オリジナル版が韓国映画というのもありますし、主題歌もBTSがやってくれていて、韓国とご縁のある作品だと思います。映画を通じて国際交流ができるのは、僕としてすごく嬉しいことなので、日本だけでなく、韓国含め世界各国の皆さんに映画を楽しんでいただけたらと思います。」と笑顔を見せた。

またこの日は、翌日9/16(水)に24歳の誕生日を迎える横浜に、バースデーサプライズが行われた。リモート参加のファンの皆さんがバースデーソングを合唱の中、ケーキも運ばれ、会場は祝福ムード一色に。三木も「おめでとうございます!」とメッセージを送った。

最後に、「運命に翻弄される2人の切ない純愛を描いた映画です。アクションもあり、サスペンスもあり、ジェットコースターのような感情のうねりを楽しんでいただけるエンタテイメント作品になっています。ぜひ劇場で楽しんでいただければ嬉しいです。今日はありがとうございました。」と話し、イベントを締めくくった。

映画『きみの瞳(め)が問いかけている』は、10/15(木)先行上映、10/23(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top