shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 「MIRRORLIAR FILMS」プロジェクト発表記者会見!

山田孝之が、9/16(水)東京国際フォーラムにて行われた「MIRRORLIAR FILMS」(ミラーライアーフィルムズ)プロジェクト発表記者会見に出席した。

役者を目指す全ての人に「学び」と「チャンス」を提供するため、山田孝之、阿部進之介、伊藤主税らが発起人となり、2017 年にスタートしたサービス「MIRRORLIAR」。
今回、新たな企画として、若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合し映画を作り上げるプロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」を立ち上げ、年齢・職業問わず一流監督から一般クリエイターまで、36人の映画監督による短編オムニバス映画を4シーズンに分けて製作し、1stシーズンを2021年夏に全国劇場公開する。シーズン2、3、4 と 3 ヶ月ごとに公開していき、4シーズン公開後には映画祭を開催。グランプリ作品に500万円の賞金を贈呈する。

会見に登壇した山田は、「MIRRORLIARを4年ぐらい前に立ち上げまして、その中でMIRRORLIAR FILMSというものをやることになりました。多分立ち位置的にはプロデューサー的なところです。よろしくお願いします。」と挨拶。

グランプリ作品に贈られる賞金の話題が挙がると、「ショートフィルムの映画祭では、かなり金額が多い方だと思うんですけど、僕らとしては最初の段階で制作費を出すことはできませんが、グランプリをとってそれを次の作品の制作費にあててもらって、新たなクリエイターと素敵な作品が生まれたらいいなというところから、こういう金額を選定させていただきました。」と明かした。

また、「今SNSなどで日常的に動画を撮って表に出すことは根付いていると思うので、そこにストーリーと台詞を作って撮ってみる。台詞や音が無い作品でもいいわけですし、そういうものが気軽で身近になってほしいと思って企画を立ち上げたので、主婦の方が“500万円貰えるからやりましょうよ!”とか、帰ってきた息子に“部活もいいけど、ちょっと動画撮って!”とか、旦那さんにも“あなたも何か撮りなさいよ”というようなことが起きたらいいなと思っています。」と語った。

全36本の作品の中には、著名な俳優・映画監督24名によるオリジナル作品も含まれ、その中の12 名を会見にて発表。監督として参加するのは、山田と阿部のほか、安藤政信、井樫彩、紀里谷和明、志尊淳、柴咲コウ、野崎浩貴、福永壮志、藤井道人、水川あさみ、山下敦弘という錚々たるメンバー。選定方法については、「一般公募に関しては結構前から発表していて、チェックしている方々がお声掛けしてくださった場合もありますし、僕らの方から“映画に挑戦してみませんか?”とお声掛けした方もいます。“やりたい”というノリノリの人もいるし、“ちょっと怖いな”という人たちには、背中を押して“サポートしてくれるならやってみる!”と言ってくれた方もいます。」とコメント。

自身の監督としての意気込みを聞かれると、「(委員会メンバーなので)賞金は貰えないからなぁ…(笑)。何でもやってやろうという感じですが、何を撮ろうというのはまだ決めていなくて、5分から15分で予算も限られていて制限があるからこそアイデアで乗り越えて、何か面白い刺激的な作品をつくれたらいいなと思っています。他の方々がどういった作品をつくるのか分からないですが、そんなことは考えずにみんな好きなことをやって、とっ散らかった面白いものになれば、それはそれで良いと思います。」と意気込んだ。

最後に、「皆さんが生きていく上で人に話したいと思ったことを我慢して文字に起こして短編を作ってみたら意外と面白いショートフィルムになることもあると思います。表現の仕方がポジティブでもネガティブでもいいので、そういったものを出す場の1つとしてショートフィルムが確立されていったら面白くなるんじゃないかなと思うので、ぜひぜひ皆さん日頃から色々なものに目を向けてネタを探してちょっと短編撮ってみてください。」とメッセージを送り、締めくくった。

「MIRRORLIAR FILMS」1stシーズンは、2021年夏全国公開予定(全4シーズン)。
12枠が一般公募となっており、応募締め切りは2021/2/28(日)まで。
ぜひチェックしてください。

【公式サイト】
https://mirrorliar.com/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top