shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 映画「魔女見習いをさがして」完成報告イベント!

森川葵声優出演、映画「魔女見習いをさがして」の完成報告イベントが10/1(木)丸の内TOEIにて行われ、松井玲奈さん、百田夏菜子、三浦翔平さんと共に森川が登壇した。

1999年より朝日放送・テレビ朝日系列で4年間放送された「おジャ魔女どれみ」シリーズ。最高視聴率は13.9%(「も~っと!おジャ魔女どれみ」)、世代別では女児の9割が視聴していたほど圧倒的な人気を誇った。
TVアニメ放送開始から20周年を記念して公開される同作は、大人のための新たな“魔法”の物語が描かれ、“笑える”“泣ける”そして“一歩前に進む力をくれる”シリーズの魅力をそのままに、大人になった今だからこそ気づく、“魔女見習いたちが伝えてきた大切なこと”をまっすぐに語りかけてくれる作品となっている。

「ねえ、大きくなったら何になりたい?」教員志望でありながらも、自信をなくして進路に戸惑う大学生・長瀬ソラ。望んだ仕事についたものの、職場になじめず葛藤する帰国子女の会社員・吉月ミレ。夢に向けて進学費用を貯めるも、ダメ彼氏に振り回されるフリーター・川谷レイカ。年齢も性格も住んでいる場所も、なにもかもが違う三人。しかも、それぞれ思いを描く未来が見えず、人生に絶賛迷い中!そんな彼女たちを引き合わせたのは“おジャ魔女どれみ”!?かつて魔女見習いたちが集っていたMAHO堂―鎌倉にある洋館での運命的な出会いをきっかけに、三人は飛騨高山・京都・奈良と「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る旅へ!笑って泣いて支え合って、掛け替えのない時間を過ごした三人は改めて気づく、いつもどれみたちがそばにいてくれたことに。そして魔女見習いたちに背中を押され、踏み出した先に、素敵な世界が広がっていた。

森川は、周りの意見に流されがちで、自分を表現することが得意ではない気弱な愛知県出身の大学4年生・長瀬ソラを演じている。

キャストはこの日の朝、東映稲荷神社にて新型コロナウイルスの終息と映画のヒットを祈願したのち、イベントに登壇。森川は、「このご時世で、みんなが何かを我慢していたり、辛かったりする世の中ですが、本当にみんなが心から笑える日が一刻も早く来るようにと祈願させていただきました。ようやく公開が決まって、皆さんにお届けできる日が近づいてきたので、早くこの映画を観ていただいて少しでも明るい気持ちになっていただきたいです。」とコメントした。

オファーをいただいたときの心境については、「“えっいいの?本当に?”という感じでした(笑)。この映画が公開されると発表されたときに、絶対に観に行こうと思っていたので、まさか自分のところにお話しがくるなんて思ってもみなかったです。本当にびっくりしたのと同時に、“大好きな作品だからこそ(出演しても)いいのかな?”という気持ちもありました。好きだからこそ、“どうしよう、私のせいで台無しになったら…”というプレッシャーがあったというか、自分で自分に圧を与えていました(笑)。」と明かした。

吉月ミレ役の松井玲奈さん、川谷レイカ役の百田、森川は3人一緒にアフレコを行っており、「はじめに3人で一緒に本読みをしたんです。そのときに最初に発声をするのが松井さんだったのですが、ちゃんと声を作って一つ目のセリフを読み上げられていたので、これは本読みとはいえ本気でやらなきゃいけないと気が引き締まりました。」と現場での様子を振り返った。

また、松井さんと百田がキャラクターに声を当てているところ見た感想は?と聞かれ、「それぞれが本当にキャラクターと合っているなと思いました。取材を受けていて、ご本人とちょっと性格が似ているのかもと思う部分も見えてきましたし、どこまで見抜いてキャスティングされたんだろうと感じました。(松井さんの)芯のある声と、天真爛漫で明るい元気なレイカちゃん、凄くぴったりだと思います。」と絶賛した。

自身については、「ソラのセリフに、『私はリーダーシップを取るタイプじゃない。後ろからついていくタイプだった』というものがあるのですが、私自身も先陣を切っていくタイプではなかったので、“ああ、わかるな”と思いました。」と共感した。

続いて、同作を観た感想について、「とても明るくてハッピーな映画だと思いました。主人公の3人の女の子たちが悩みを抱えて、その悩みをどうしようと思いながらMAHO堂に集まって、そこから物語が始まっていくのですが、そんなスタートなのにいきなりめちゃくちゃ楽しいんです。みんなで旅行に行ったりとか、いまは出来ないけれど、この映画を観ていると自分も一緒に旅行に行った気分になるような、そんな気持ちにさせてくれる作品です。」と語った。

イベント終盤では、タイトルにちなみ、“悩んだときや頑張りたいときに使う魔法”を発表する一幕も。「おいしいご飯とそれに合うお酒を適量。」と答えた森川は、一番テンションがあがるご飯は?という質問に、「友達から、ギョウザかパッタイを与えておけばめちゃくちゃ元気になると言われました(笑)。」と笑顔で話した。

そして最後に、「性格も生まれた場所も仕事も違う3人が友達になって、最終的にみんながそれぞれ自分や相手の良いところを見つけあっていく物語です。もっと自分らしく生きていいかなと思わせてくれるような作品だと思いました。観たら絶対に勇気と自信を与えてくれる映画になっていますので、ぜひハッピーをもらいに「魔女見習いをさがして」を観に来てください。」とメッセージを送った。

映画「魔女見習いをさがして」は、11/13(金)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top