shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森崎ウィン 主演映画「本気のしるし《劇場版》」初日舞台挨拶!

森崎ウィン主演映画「本気のしるし《劇場版》」の初日舞台挨拶が10/9(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、共演の土村芳さん、深田晃司監督と共に森崎が登壇した。

同作は、2019年10月からメ~テレ他で放送されたドラマ「本気のしるし」の反響に後押しされ、未公開シーンを入れた“ディレクターズカット版”として公開が決定。
第73回カンヌ国際映画祭のOfficial Selection 2020(オフィシャルセレクション2020)作品に選出され、コミック原作もの、加えて地方局のドラマ作品を再編集した映画であるという点で今回の選出は異例であり、公式発表された映画祭の短評でも、深田監督のテレビドラマの枠から逸脱する演出力や、役者の実力の高さが特に評価された。

中小商社に勤める会社員・辻一路(森崎ウィン)。社内の評判はよく、恋人関係のような女性もいるが、他人に好かれるのも他人を好きになるのも苦手で、本気の恋をしたことがない。ある日、彼はコンビニで不思議な雰囲気の女性・葉山浮世と知り合う。しかし、彼女と関わったばかりに次々とトラブルに巻き込まれていく。魅力的だが隙と弱さがあり、それゆえ周りをトラブルに巻き込んでいく浮世と、それに気づきながら、なぜか彼女を放っておけない辻。辻は裏社会の人間と関わり、仕事や人間関係を失いながらも、何とか彼女を手に入れようと、さらなる破滅の道へと歩み出す……。

上映後の舞台挨拶に登壇した森崎は、「辻一路役を演じさせていただきました森崎ウィンです。皆さんのおかげでカンヌ国際映画祭Official Selection 2020に選ばれたこの作品、ご覧になっていかがだったでしょうか?今日は宜しくお願いします。」と挨拶。

『共感度0.1%』というキャッチコピーがついている同作の主人公・辻一路は、八方美人のような役どころだったが、どのように辻役をつかんでいったかを聞かれると、「これは個人的に思うことでもあるんですけど、僕もウィンとして生きている中でウィンという人間はどういう人間なんだろうかっていうのを、自分で紐解いても100%紐解けない瞬間がやっぱりあるんですよね。なので辻君に関しても100%理解しているかと言われたらそうとも限らず、現場で辻君が二股も三股もかけている女性陣との会話のキャッチボール、芝居のキャッチボールを楽しみながら純粋に演じさせていただいたという所存でございます。一つだけ勘違いしてほしくないのは、僕は二股三股しません...(笑)。」とコメントし、笑いを誘った。

また、優柔不断でいつも受け身だった辻が、浮世に出会って自ら人生を選び取っていく姿に、「実際の人生の中でもたくさんの出会いの中で、もちろん恋愛に限らず仕事場で出会って。それこそ僕は今回、土村さんそして深田監督に出会って、役者として1つも2つも変わった自分もいるので、人と出会うことによって人も変化していくんだなというのを、この作品を通じて僕自身もすごく勉強させてもらったなと思っております。」と振り返った。

映画タイトルの「本気のしるし」にちなみ、本気になってしまうことについて、「僕は0か100かの人でして、やるならとことんやる、やらないならやらないという風に、辻君とは真逆にいて優柔不断という言葉が自分には合わないなと思うんですけど。今日1日、すごい本気を出したらTwitterにも書かれていたみたいなんですけど、本気を出したら雨が降るという。ウィンが本気を出すと雨が降ると。検索トレンドに、“台風、台風、森崎ウィン”ってあったんです(笑)。」と話すと、会場は笑いに包まれた。

映画「本気のしるし 《劇場版》」は、10/9(金)より全国順次公開中!
ぜひご覧ください!

▼映画「本気のしるし《劇場版》」公式サイト
https://www.nagoyatv.com/honki/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top