shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

Yuki Saito 監督作品・映画『たぶん』主要キャスト解禁!

Yuki Saito 監督作品・映画『たぶん』の主要キャストが解禁された。

若い世代を中心に爆発的な人気を誇っている“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」はBillboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで複数週にわたって1位を獲得し、ストリーミング再生回数は2020年9月に2億回を突破。さらに双葉社から発売になったYOASOBI初の紙書籍「夜に駆けるYOASOBI小説集」は初版35,000部からスタート、各種ランキングでも上位に食い込み、発売一週間で重版が決定した。同作は、その小説集にも収録されているYOASOBI第四弾楽曲の原作小説「たぶん」(しなの 著)を原案としたオリジナルショートストーリーを映像化した作品となっている。

この度、主要キャストと「たぶん」を原案としたオリジナルのストーリーラインが解禁。
大学生カップルで同棲をしていたが気持ちのズレを感じ、別れを選んだササノとカノン、夏の大会が自粛で中止となってしまった高校野球部員・川野とマネージャー・江口、そして社会人で恋人同士だがお互いの気持ちに応えられなくなっているクロとナリ。新星個性派キャストが紡ぐ3組の男女の“最も切ない別れ”と“新しい一歩”の物語を主題歌となるYOASOBIの「たぶん」が切なく彩る。
ササノを演じるのは「魔進戦隊キラメイジャー」に出演し、アーティストとしても活躍する木原瑠生、カノン役にドラマ「中学聖日記」に出演し、舞台「アルプススタンドのはしの方」や映画「テロルンとルンルン」で主演を務める小野莉奈、川野役を映画「滑走路」で大抜擢された寄川歌太、江口役にNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」に出演する吉田美月喜、ナリ役に女優・タレント・YouTuberとして活躍するめがね、そしてクロ役には舞台「黒子のバスケ」やミュージカル「刀剣乱舞」に出演する糸川耀士郎が演じる。

Yuki は、「「多分(たぶん)」と「屹度(きっと)」いう対義語を同時に使いたくなる繊細な気持ちを、次世代を担っていくフレッシュなキャスト達と共に表現していきたいと思います。加速度的に時代の波に乗るYOASOBIさんとのコラボにも胸が⾼鳴っています。同じ⼩説から⽣まれる⾳楽と映画が劇場で⼀つになる瞬間をお楽しみ下さい。」とコメントを寄せた。

映画『たぶん』は、11/13(金)公開!
当たり前が当たり前じゃなくなった今。誰もが経験する<新しい時代の、新しい選択>。映画「たぶん」が描くのは曖昧な言葉の中にある確かな気持ち。この秋、最も切ないショートストーリーにご期待ください。

■公式サイト
https://monogatary.com/tabun_movie/

【STORY】
<ササノとカノン>
大きな物音で目覚めるカノン。別れたササノが部屋を整理しに帰ってきていた。同棲を始めた時、「私たちは変わらない」そう思っていたのに些細なことで少しずつ“ズレ”を感じ、別れを選んだ二人。大学はオンライン授業になり、就職活動を控える中、将来を真剣に考えるカノンと楽観的なササノ。どうしてこうなったの?悪いのは彼なのか、私なのか。たぶん……。

<川野と江口>
サッカー部の川野とマネージャーの江口はビデオ通話をしていた。今頃、最後の大会を迎えているはずだったが、今年は自粛により中止に。努力が報われないまま、憂鬱な受験の話をしていた。通話を切ると川野のラインにチームメイトから江口が東京へ引っ越すと知らされる。3年間チームと自分を支えてくれていた江口のことを思い、気づくと川野は自転車で走り出していたー。

<クロとナリ>
インテリアデザイナーのナリは彼氏のクロとなかなか連絡が取れず、直接家を訪ねる。インターホンを押すとクロが出迎えるも、玄関にはヒールの靴が。アリサと名乗る女性は編集の仕事をするクロの元同僚。クロが貸していたDVDを返しにきていたという。クロのことが大好きなナリは動揺を隠せずその場で言い合いになってしまう。こんなにも好きなのに……。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top