shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

新木優子 主演「連続ドラマW セイレーンの懺悔」放送直前!スペシャル生配信!

新木優子主演「連続ドラマW セイレーンの懺悔」(WOWOWプライム)放送直前!スペシャル生配信が10/18(日)の放送スタートを直前に迎えた10/12(月)に実施された。

原作は、“どんでん返しの帝王”の異名を持つ作家・中山七里の「セイレーンの懺悔」。これまでに数々の作品が映像化されてきたが、今作は “ドラマ化不可能”と言われていた作品である。テレビ局を舞台にしたこの小説は「報道」のタブーに切り込んだ衝撃作として、刊行当時から大きな話題を呼んでいた。そんな同作が、満を持してWOWOWで連続ドラマ化される。

配信には、自身初の記者役として、報道番組の新人記者である主人公・朝倉多香美を演じる新木、先輩記者・里谷太一を演じる池内博之さん、警視庁捜査一課の刑事・宮藤賢次を演じる高嶋政伸さんが出演。

本格的なサスペンスへの挑戦となった新木は「サスペンスを読むのも見るのも好きだったので、その世界で演じられることがすごく楽しみでした。原作を読ませていただいて、王道のサスペンスでありながら、今までにないような大どんでん返しが面白くて新鮮で、演じるプレッシャーもあったのですが、逆に、スタッフの皆さんと楽しみながら演じることが出来ました。朝倉多香美はすごく正義感が強くて尊敬するところばかりの女性でした。皆さんにも多香美と一緒に作品にのめり込んでいってもらえたら嬉しいなと思います」と本格的な社会派サスペンスに挑戦した気持ち、演じた役への想いを語った。

池内さんと共演した印象について問われると、「もっと強そうなイメージがありました(笑)ですが、実際はすごく気さくに話しかけてくださったりして、里谷とは全然違うイメージでした。あと、『ダンスを始めた』という話で盛り上がって。ぜひ皆さん、池内さんのInstagramを見てください。新しいダンスを提案していて、勇気をもらいました」と、プライベートでの意外な一面を暴露。

また、高嶋さんと撮影現場で新木がよく話をしていたという話題が挙がり、その内容を聞かれると、「美容の話ができたのが楽しかったです。高嶋さんのお肌がキレイなので、ついつい聞いちゃいました。いつも親身に答えてくださって」と意外な答えが。高嶋さんも「今回の役作りのために8キロ落として、それをキープしないといけないので『満足感があってカロリー控えめのものって何がある?』と新木さんと話をさせていただきました」とヘルシーな食事について新木に教えてもらったと振り返り、新木は「ちょっとした女子トークでした(笑)」と笑顔を見せた。

最後は、視聴者に向けて、「サスペンスとしても純粋に楽しんでいただける作品になっています。多香美と同世代の人たちがこれから社会に出て、困 難な状況に立ち入ったとしても、頼れる存在が近くにいるということに気付いてもらえる。この作品がそんなきっかけになればすごく嬉しいなと思いま す。この作品はどんな世代にも刺さる作品になっていると思いますので、ぜひ第一話を見てほしいです」とメッセージを送り、生配信を締めくくった。

配信では、その他にもこの日のために届いた原作者・中山七里さんからの手紙も紹介されるなど、放送を目前に作品の魅力を存分に知ることが出来る内容となっていた。なお、この模様は10/15(木)昼12時からWOWOW番組サイト(https://www.wowow.co.jp/drama/original/sirens/)・WOWOW公式YouTubeチャンネル(http://youtube.com/WOWOWofficial)でアーカイブ映像としてお楽しみいただける。また、第 1 話冒頭約 10分間の映像は10/12(月)より先行配信中。

「連続ドラマW セイレーンの懺悔」は、10/18(日)放送スタート![第1話無料放送]
毎週日曜日よる 10 時 WOWOWプライムにて放送(全 4 話)
ぜひご期待ください。

<あらすじ>
不祥事が続き、番組存続の危機にさらされた帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーン JAPAN」。その制作に携わる入社二年目の報道記者・朝倉 多香美は、あるつらい過去を抱えながらも報道の仕事に誇りをもって取り組んでいた。そんな中、都内で女子高生誘拐事件が発生。先輩 記者の里谷太一と多香美は、起死回生のためにスクープを狙って事件を追う。警視庁捜査一課の刑事・宮藤賢次(高嶋政伸)を尾行した 多香美が廃工場で目撃したのは、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。 自身の過去と重なりこの事件を追っていた多香美だが、その執念が実を結び、犯人に繋がる大きなスクープをものにする。しかし、このスクープが原因となり、ある事件が起きてしまう・・・。果たして、事件の真犯人は誰なのか?そして、報道記者としての“正義”とは?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top