shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

七木奏音 「青嵐総合芸術院 新情報発表会」に出演!

七木奏音が、10/19(月) 株式会社ブシロードで行われた「青嵐総合芸術院 新情報発表会」に出演した。

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」は、「ミュージカル」と「アニメ」が相互にリンクし合い、展開していく新感覚ライブエンターテインメント。ミュージカルから始まり、ミュージカルの主要キャストがそのままアニメ版の声優を担当、ミュージカル、コミカライズ、テレビアニメ、ゲームアプリなど 幅広く展開している。

「青嵐総合芸術院」は2018年に行われた舞台「少女☆歌劇レヴュースタァライト-The LIVE-#2 Transition」に初めて登場。聖翔音楽学園から戯曲「スタァライト」を奪おうとするライバル役として力強い姿を見せ、大きな支持を集めた。

七木は、青嵐総合芸術院に通う女子高生・柳小春を演じている。

七木は佃井皆美さん、門山葉子さん、株式会社ネルケプランニング代表取締役社長・野上祥子さんと発表会に出演。自身が演じる柳小春について、「青嵐の“天才”です。青嵐は総合芸術院なので、演技のほかに裏方にもかなり力を入れている学校で、小春たちはステージ専攻科、通称ステ専の生徒です。」と紹介した。

続いて、12/18(金)~12/27(日)天王洲 銀河劇場にて上演される、青嵐総合芸術院の物語が描かれる舞台「少女☆歌劇レヴュースタァライト-The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER」の追加キャストが公開されると共に、小山百代をはじめとした聖翔音楽学院のキャストが日替わりゲストとして出演することが発表され、「(新キャラクターの)柳さくらと小春がどんな関係性になるのか楽しみにしています。そして、聖翔のみんなとまた同じ舞台に立てることがとても嬉しいです。」と笑顔で話した。

また、舞台の追加キャストとして、ゲームアプリ『少女☆歌劇レヴュースタァライト-Re LIVE-(スタリラ)』のオリジナルキャラクターである、シークフェルト音楽学院の雪代晶を演じる野本ほたるさんがゲスト出演。
七木が「ほたるとは中学一年生のときに一度共演して、それ以来の共演になる。」と話すと、野本さんも“お互いの舞台を観に行っていたりして、『いつか一緒にやりたいね』と言っていた”と明かした。

そして、エンディングでは、「私たちも初めて知る情報がありましたし、まさか(青嵐の舞台に)ほたるが出てくるなんて!と思いました。楽しみが止まらないです。舞台青嵐公演、スタリラ、どちらもよろしくお願いします。そして、本日21時より、YouTubeスタァライトチャンネルにて舞台#2再演での青嵐の活躍をまとめたダイジェスト動画が公開されます。ぜひご覧ください。」と作品をPRし、発表会を締めくくった。

その後に行われた記者との質疑応答のなかで、もし叶うならどこの学校と一緒に舞台に立ちたいか?と聞かれ、「(大月)あるるちゃんがとても好きなので、フロンティア芸術学校と関わったらどんなレビューになるのか気になります。」と回答。

青嵐としての目標は?という質問には、「#2のときよりも青嵐の深いお話をたくさん見せられると思いますし、お芝居の力や個々の見どころも含めて、17名のキャストですごい舞台にしたいです。この状況の中で来てくださるお客さんはすごい覚悟をしてきてくださると思うので、もっと青嵐の魅力を知って、好きになってくれたらいいなと思います。」と意気込みを語った。

この日は他にも、「少女☆歌劇レヴュースタァライト-The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER」の公演グッズや主題歌CD、ゲームアプリ「スタリラ」の最新情報を発表。その模様はYouTubeでライブ配信され、Twitterでトレンド入りするなど大きな盛り上がりをみせた。

最新情報は公式サイトにてチェック!
https://revuestarlight.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top