shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柏木ひなた(私立恵比寿中学) 映画「リトル・サブカル・ウォーズ ~ヴィレヴァン!の逆襲~」初日舞台挨拶!

柏木ひなた(私立恵比寿中学)出演映画「リトル・サブカル・ウォーズ ~ヴィレヴァン!の逆襲~」が10/23(金)公開初日を迎え、SHIBUYA109 ハチスタで行われた舞台挨拶に柏木が登壇した。

同作は、個性を出し過ぎな、誰かの”好き“で溢れかえった本屋「ヴィレッジヴァンガード」を舞台に、主人公とその仲間たちが過ごしたハチャメチャで刺激的な青春の日々の物語を描いたドラマシリーズ「ヴィレヴァン!」の映画版。

自称「空っぽ」の大学生・杉下啓三は、ヴィレッジヴァンガードで儲け度外視で集められたガラクタや、常識からかけ離れた変人バイトたちに囲まれはちゃめちゃで刺激的な日々を送っていた。そんな、刺激にも慣れ始め早1年、平和だが、何かが足りていないことに気づく。この世から“サブカル”がなくなっていたのだ!サブカルを、カルチャーそのものを取り戻すべく、杉下の壮絶なバトルがいよいよ幕を開ける!

柏木は、サブカル魂全開の店員・岩瀬雪を演じている。

この日の舞台挨拶は全国の26劇場で生中継が行われた。柏木は、「舞台挨拶も映画もぜひ楽しんでいただければと思います。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

同作にスペシャルゲストとして出演した萩原聖人さん、安達祐実さんについて、「萩原さんとは、『プロ野球スピリッツA』というゲームアプリの中でお互いお友達になりました。安達さんとは連絡先を交換させていただいて、一緒にアイシャドウを買いました。」と明かした。

また、同作の“サブカル”を忘れてしまうというストーリーについて問われ、「“サブカル”がないという前提で演じるシーンも、いつもの「ヴィレヴァン!」ではちょっと変なことをやっていたので、まじめにやっている自分が少しおかしく思えてしまいました(笑)。」と話した。

イベント終盤では、同作の“好きを叫べ!”というテーマにちなみ、キャストがそれぞれ自分の“好き”を叫ぶコーナーを実施。柏木は、「太陽とシスコムーンが好きだー!」と叫び、「私と同世代の方は太陽とシスコーンさんをあまり知らないかもしれませんが、伝説的なユニットだと思っています。楽曲自体がかっこよすぎて、自分のタイプすぎて、本当に好きなんです。自分のグループのインスタグラムでインスタライブをしたときに、この話をしたら、(太陽とシスコムーンのメンバーである)小湊美和さんに伝わって、“ありがとうー!ライブがんばってね!”みたいなことをSNSで書いてくださいました。」と笑顔で語った。

映画「リトル・サブカル・ウォーズ ~ヴィレヴァン!の逆襲~」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でお楽しみください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top