shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

森崎ウィン 「第33回東京国際映画祭」レッドカーペットアライバル&オープニングセレモニーに登壇!

森崎ウィン主演、「本気のしるし《劇場版》」が、「第33回東京国際映画祭」Japan Now部門に出品され、10/31(土)東京国際フォーラムにて行われたレッドカーペットアライバル&オープニングセレモニーに森崎が登壇した。

「東京国際映画祭」(以下TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作連盟公認の国際映画祭。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生し、日本およびアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の映画祭へと成長。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に、世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供する。

第33回を迎える今年は10/31(土)~11/9(月)まで開催。六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、東京国際フォーラムほか、都内の各劇場及び施設・ホールで様々な企画・イベントが行われる。

日本映画の今を俯瞰する今年のJapan Now 部門は、深田晃司監督を特集。深田監督は、現実に生きる私たちと世界との関係性をスクリーンと観客の関係性として表現する稀有な監督で、初期作品から森崎が出演する「本気のしるし《劇場版》」まで短編特集を含め5作品が出品されている。

同作は、2019年10月からメ~テレ他で放送されたドラマ「本気のしるし」の反響に後押しされ、未公開シーンを入れた“ディレクターズカット版”として公開が決定した作品。深田監督が自身初のコミック原作の映像化に挑んだ意欲作で、退屈な毎日を過ごす男が、ひとりの女性と出会ったことにより日常を狂わせていくラブサスペンス。第73回カンヌ映画祭「オフィシャルセレクション2020」に選出された作品だ。

森崎はまず、レッドカーペットアライバルに登場。
同作をこれからご覧いただく方々へ向けて、「ドラマ版から劇場版になっていますので普通の映画よりは長いのですが、1度見始めるときっと瞬きする時間もないくらいに作品にのめり込めると思います。ぜひ深田監督ワールドを楽しんでいただきたいです。」と挨拶。
同作は、第73回カンヌ映画祭「オフィシャルセレクション2020」にも選出されたが、カンヌ映画祭の実施は叶わなかった。そして本日の東京国際映画祭の開催について聞かれると、「僕にとっては初めての東京国際映画祭でもありますし、本当に純粋に嬉しい気持ちでいっぱいです。このレッドカーペットの上に立てていることが夢のように感じているのと同時に、このご時世に映画祭を開いてくださった皆さんに本当に感謝をしておりますし、生配信を見てくださっている皆さんにも本当に感謝しております。明日からのモチベーションに凄くなるので、今日はこの場に来れたことに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。」と心境を話した。

その後のオープニングセレモニーにも登壇した森崎。
同作では『共感度0.1%』と言われる難しい役どころを演じたが、「まずは、僕がこの場でマイクを握り、お話しする機会をいただくことができて、深田監督に感謝しております。作品の内容的にも『共感度0.1%』で、一番最初に台本を読んだ時に、0.1%にも満たないくらい共感できないところがありました。」と明かすと共に、「撮影に入る前に深田監督とキャラクター作りを構築する時間があり、そこでたくさんコミュニケーションを取らせていただくうちに、“深田ワールド”にのめり込んでいきました。気付いたら僕が演じた辻一路になっていて、改めて今、作品を観て、“あの時はそういう感覚でやっていたんだ”と思い知らされるくらいのマジックにかかっていたんだと思います。」と話した。

同作の上映は、11/8(日)14:00よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN2にて行われる。

「本気のしるし《劇場版》」は、全国順次公開中!
ぜひご覧ください!

◆「第33回東京国際映画祭」公式サイト
https://2020.tiff-jp.net/ja/

【「本気のしるし《劇場版》」ストーリー】
中小商社に勤める会社員・辻一路(森崎ウィン)。社内の評判はよく、恋人関係のような女性もいるが、他人に好かれるのも他人を好きになるのも苦手で、本気の恋をしたことがない。ある日、彼はコンビニで不思議な雰囲気の女性・葉山浮世(土村芳さん)と知り合う。しかし、彼女と関わったばかりに次々とトラブルに巻き込まれていく。魅力的だが隙と弱さがあり、それゆえ周りをトラブルに巻き込んでいく浮世と、それに気づきながら、なぜか彼女を放っておけない辻。辻は裏社会の人間と関わり、仕事や人間関係を失いながらも、何とか彼女を手に入れようと、さらなる破滅の道へと歩み出す……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top