shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山口もえ 映画「家なき子 希望の歌声」公開前トークイベントに登壇!

山口もえが、11/16(月)に行われた映画「家なき子 希望の歌声」公開前トークイベントにゲスト登壇した。

映画「家なき子 希望の歌声」は、19世紀に発表され、日本でも3度にわたりアニメ化されて親しまれてきた児童文学の金字塔を完全映画化され、11/20(金)に全国公開。原作にはない澄みきったレミの歌声と豊かな音楽性、そして壮大に広がる南フランスの美しい風景。波乱万丈の冒険にハラハラしつつ、人と人との心の通い合い、胸を締めつける別れと出会い、そしてレミの何があってもひたむきに前へ進み続ける姿と温かい結末には、大人も子どもも、きっと涙を誘わずにはいられない、この秋注目の感動作となっている。

この日は、公開前イベントとして、日本語吹替版で主人公レミを担当した熊谷俊輝さんとともに、本作にコメントを寄稿した山口がゲスト登壇し、本作の魅力を語った。

イベントに登壇した山口は、同作を鑑賞した感想について、「私はフランスが大好きなのですが、南フランスの素晴らしい景色と、観ているだけでフランスの香りがしそうな、それぐらい本当に素敵な映像で作られています。でもお話は、こんな大人になりたくないと思うほどの大人や、こんな素敵な大人になりたいという大人までフルコースで味わえたり、人生を描いているのでいろいろなお話がギュッと濃縮されていて、飽きない、あっという間に観てしまうぐらいの濃厚な作品でした。この作品は、東京都推奨映画で、東京都が子どもたち向けてぜひ観てほしいとオススメしている映画だと子どもの学校のお手紙で知りました。でも、子どもだけでなく大人にも観てもらいたいなと思います。」と語った。

印象に残っているシーンについて、「レミが義父によって親方ヴィタリスに売られて連れていかれてしまう中、育ての母親のもとへ行きたいのに行けなくて、母親も息子を取り戻したいけど取り戻せない。そのシーンは本当に、絶望の中にいる気持ちを考えると忘れられないです。」と明かした。

母親の視点から見た同作の見どころについては、「レミが真っ直ぐ生きている姿はたくさんの子どもに勇気と元気を与えると思います。こんなに辛いことある?という中でも、親でもない、先生でもない、だけど信じられる大人がいて、その大人によって自分の才能が芽生えて突き進んでいく。私も子どもの頃、そんな大人に出会っていたら、また違う人生だっただろうなと思います。」と話した。

最後に、「少年レミの真っ直ぐな姿と、人生のどん底にいるけれども頑張っていく姿というのは、子どもだけでなく大人にも感動を与えると思います。最近なんか元気がないなという方にも観てもらいたいですし、映画を観て流した涙のあとに頑張ろうと思える作品です。ぜひ劇場にいらしてください。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「家なき子 希望の歌声」は、11/20(金)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!

【ストーリー】
11歳の少年レミは、南仏の農村で優しいママと貧しいながらも幸せに暮らしていた。ところが長い間パリへ出稼ぎに出ていた義父によって旅芸人の親方ヴィタリスに売り飛ばされてしまう。だが、情の深い親方に歌の才能を見いだされ、犬のカビ、猿のジョリクールと親交を深めながら、懸命に旅を続けるレミ。さまざまな出会いや困難が渦巻く冒険の果てに、待ち受ける運命とは…?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top