shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」公開直前クリスマスイベント!

中川大志声優出演、アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」公開直前クリスマスイベントが12/18(金)に行われ、清原果耶さんとともに中川が登壇した。

同作は、芥川賞作家・田辺聖子氏の名編で、2003年に実写映画化もされた「ジョゼと虎と魚たち」のアニメーション映画化。趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼが、夢を追いかけながらバイトに明け暮れる勤労学生・恒夫との出会いをきっかけに、外の世界に飛び出していくことを決意。瑞々しく真っすぐな純愛の中、互いと自分自身を知って前に進んでいく姿が描かれる。

中川は、大阪の大学に通う4年生、鈴川恒夫の声を担当する。メキシコに生息する魚に魅せられ、海洋生物学を専攻している恒夫は、卒業後に留学するべく、ダイビングショップをはじめいくつものバイトを掛け持ち中。ジョゼと出会い、彼女の祖母からあるバイトを頼まれることになる、という役どころ。

イベントに登壇した中川は、「大変な状況の中、お集まりいただきありがとうございます。1週間後に公開が控えているということで、僕たちもすごく楽しみにしております。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

同作の見どころについて、「完成した作品を観させていただいて、自分がやらせていただいたことは本当にちっぽけなことですが、たくさんのアニメーターの方がキャラクターや映像を作り上げて、その中の一人になれたことを誇りに思います。すごく映像が綺麗で、アニメーションって素晴らしいなと思いましたし、ぜひ大きなスクリーンで観ていただけたらいいなと思いました。」と語った。

自身が演じたキャラクターや共通点を聞かれると、「自分と年齢が同い年ということで、これまで何度か声優のお仕事にチャレンジさせていただきましたが、これまで演じさせていただいた役の中では一番自分に近い、等身大のキャラクターでした。監督が、僕のインタビューを受けている映像を見て“この声は恒夫にいいんじゃないか”と選んでいただいたというお話を聞いて、演じる上で普段のトーンに近い、ニュートラルな感じを意識しました。共感できる部分もたくさんあって、例えば恒夫は、負けず嫌いなところ、頑固なところ、やると決めたことはやり通したいところがあるんですけど、僕自身もそういうところがあります。ジョゼはギャップのある女の子で、恒夫が最初はぶつかっているけど惹かれていくというところは、僕もギャップには弱いので共感できました。」と明かした。

また、体を使ってのお芝居と、声でのお芝居の違いについて、「今回あらためて感じたのは、映像だったら僕一人でその役は完結しますが、アニメはそうではなくて、一つのキャラクターを作り上げるのに、何十人何百人という人たちが関わっているところが大きな違いなのかなと思います。同じテイクで同じ台詞だとしても、そのキャラクターがどんな表情でどんなふうに話しているかによって聞こえ方も変わってきますし、キャラクターの感情をたくさんの人で作り上げるのは本当にすごいことだなと感じました。」と語った。

同作がクリスマスに公開を迎えることから、クリスマスの思い出を聞かれ、「3、4歳ぐらいのとき、某魔法使いの映画が大好きで、空飛ぶ箒が欲しかったんです。1ヶ月ぐらい前から毎晩お願いしていたのですが、いざ当日の朝、箱を開けたら絵具セットで、泣き喚きました(笑)。そのときの写真も残っています。でもその絵具セットは小学校6年間、大事に使いました。今となっては良い思い出です。」と笑顔を見せた。

また、来年新しく挑戦したいことについて、「『日記を書く』です。お世話になった先生に“日記をつけろ”と言われていたことがあったのですが、なかなかつけられていなくて。ただ最近は1年が早く感じられますし、このときこんな感情があったなと書き留めたことが後々芝居の役に立つかもしれないので、枕元に置いてちょろちょろっと書こうかなと思っています。」と話した。

最後に、「今年は大変な1年でしたけども、映画館でゆっくりと、癒されるような、温かい気持ちになれるような、そんな優しい映画になったと思いますので、ぜひ映画館に観に行っていただければと思います。本日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」は、12/25(金)公開。
ぜひ劇場でご覧ください!

【物語】
趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。
幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになったところを、大学生の恒夫に助けられる。
海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れをいつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。
そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。
それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。
しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。
そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。
その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top