shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「FUNNY BUNNY」主演決定!

中川大志が今春公開の映画「FUNNY BUNNY」で主演を務めることが発表された。

「FUNNY BUNNY」は、「ステップ」「虹色デイズ」「荒川アンダーザブリッジ」などで知られるマルチクリエーター・飯塚健監督によるオリジナル戯曲。2012年に上演されて大いに反響を呼んだ舞台版では「現在」「2年後」「4年後」という秀逸な構成で時空を軽やかに移動し、謎が謎を呼ぶという緻密なプロットが演劇ファンを熱狂させ、全公演がSOLD OUT。のちに飯塚監督自らの手によって小説家化もされている。
上演中から、再演、映像化の問い合わせが殺到し、このたび満を持して映画化される同作は、舞台の設定がさらに進化し、大胆な構成のもと、音楽と映像による総合芸術作品に仕上がった。

中川は、自殺志願者を見分けることが出来る能力を持つ自称小説家で、「世界を救うのはいつだって、想像力だ」と豪語する、一癖も二癖もあるアクの強いキャラクター・剣持聡を演じる。

出演にあたり中川は、「「FUNNY BUNNY」の小説を監督から頂いたのは、まだ飯塚さんと出逢って間もない頃でした。そこから数年間「いつか映像化したいんだよね」というお話をしていて、今回、映画化が具体になってからは、あっという間に進んだ感じです。初めてウサギを被って図書館に立った時、あぁ本当に実現したんだと実感し、剣持と1つになれた感覚がありました。」とコメント。

自身が演じる役柄について、「剣持という男の言葉には魔法のような力があって、その背中には何故かついていきたくなる。そんな説得力をどう持たせるか、それが今回の課題であり、チャレンジでした。人の痛みが分かるからこそ、寄り添えて、現実を知っているからこそ、寄り添うだけではない残酷さも持ち合わせている剣持は、まさしくダークヒーローなんだと、僕は思います。」と語った。

そして最後に、「映画を観てくれたお客様が劇場を後にする時、ウサギが一羽二羽と増殖していったら良いな、なんてワクワクしてます。一緒に、FUNNY BUNNYしましょう。」とメッセージを送った。

映画「FUNNY BUNNY」は、今春公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top