shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「さんかく窓の外側は夜」大ヒット御礼舞台挨拶!

岡田将生W主演映画「さんかく窓の外側は夜」の大ヒット御礼舞台挨拶が2/10(水)丸の内ピカデリーで行われ、共演の志尊淳さん、森ガキ侑大監督と共に、岡田が登壇した。

同作は、今最も注目の漫画家・ヤマシタトモコさんによる同名ベストセラーコミックスの映画化で、霊が<祓える男>冷川理人と、<視える男>三角康介の二人が 、“除霊”という特殊能力を使い、未解決事件に挑む、除霊ミステリーエンターテイメント。
SNS上では、「既に10回目!」「さんかく 窓・・・中毒性ありすぎる!」など、早くもリピーター鑑賞者が多く、ハマる人が続出、公開後も「さんかく窓ファン」が急増し、連日ツイッターでは“トレンド入り”が続いている。

霊を“祓える”力を持ち、警察の未解決事件などにも力を貸す凄腕の除霊師・冷川理人を演じている岡田は、「何度もこの映画を観てくださっている方々、本当にありがとうございます。まだまだ皆さんに広がってほしいと思っていますので、映画の深いところをお話しするタイミングがあって、さらに興味を持っていただけると嬉しいと思いながら壇上に立っています。今、ちょっとフワフワしていて、テンションが高いんです。」と突然の告白。さらに、「まだ自分の挨拶を終わらせるつもりないですから(笑)。」と満面の笑みを浮かべた。

その後、森ガキ監督から『僕と2人きりで国内旅行に行くなら、どこに行きたい?』と聞かれ、「一緒に北海道に行って、1週間ドライブしながら動画を撮って、編集したい。絶対楽しいと思う。」と回答。一方の志尊さんは、『お家で仕事をすることが多いと思うので、アウトドアしたい。宮古島に行って遊びたい。監督、どっちを選びます?』と森ガキ監督に質問すると、一本道が見えたという理由で北海道を選び、岡田は、「やった!どうだ、やったぞ!」とガッツポーズ。落ち込む志尊さんに岡田は、「すねている淳君も可愛い。」と話し、会場からは笑いが起こっていた。

続けて、公認ハッシュタグを3人で考えるコーナーへ。先日、ハッシュタグを覚えたという岡田に志尊さんと森ガキ監督がレクチャーしつつ、『最終的に岡田君に決めて』と懇願すると岡田は、「僕はこの間覚えた、ひとつしかない。“さんかくしか勝たん”」とコメント。『それでいいよ。「さんかく窓しか勝たん」でいいと思う!』と志尊さんも同意し、岡田がフリップに書くことに。書きながらも『ハッシュタグ分かる?漢字の「井」みたいなやつだよ。』『「。」付けちゃダメだよ。「!」もダメ』とレクチャーは続き、無事書き終えると、温かい拍手に包まれた。

イベント後半では、岡田と志尊さんのバディ感についての口コミやツイートが多いことから、<真のバディ度チェック!>として、2人のバディ度を試す、回答シンクロ度テストを行うことに。互いにヒントを出し合いながらもなかなかシンクロせず苦笑いの2人だったが、“バディ映画と聞いて思い浮かべる作品は?”という質問に岡田が、「洋画で、朝一で映画館に行って、目が腫れるほど泣いた。(バディは)同性で年齢差あり!」というヒントを出し、志尊さんが『朝一とか夜とか関係ある?』とツッコミつつ、映画「最強のふたり」で見事一致。すっかり調子を取り戻した2人は次の質問“学生時代に憧れたチョコをもらうシチュエーションは?”にも積極的にヒントを出し合う。岡田は最終的に“下駄箱”と書き、「朝登校して靴をしまっている時に、“将生”って声をかけられて、“何?”って言って、“チョコ”って渡されて、“嬉しいね”って。」と回答。一方、志尊さんは“朝、お弁当作ってもらう。改札でもらう。んで放課後また会う。フォーリンLOVE”という回答で一致しなかったが、2人の中では大体似ているということで、正解となった。

最後の“もう一度、森ガキ組でお芝居をするなら、どんなジャンルの映画?”という質問に岡田は“コメディ”、志尊さんは“ヒューマン”とこちらも不一致。しかし互いに『ヒューマンコメディだよね。ホームドラマ的な感じで、面白い掛け合いとかもあるんだよね』と言ってシンクロした回答にこぎ着ける。最終的にバディ度70%という結果になり、互いに笑顔を見せていた。

そして最後に、「最初に映画のもっと深いところを話したいと言ったのですが、ひとつも話していなくてビックリしました(笑)。監督がいろいろなところでおっしゃってくださっているように、余白がすごくある映画で、皆様それぞれの価値観によって変わっていくと思います。マイノリティで生きている登場人物3人のキャラクターを愛してくだされば、もっとこの映画が広がっていくのではないかと思います。皆様のお力をいただきたいです。お願いします。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「さんかく窓の外側は夜」は、現在大ヒット公開中。
ぜひご覧ください!

【ストーリー】
書店で働く三角康介は、一見普通の青年だが、幼い頃から幽霊が見える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人がやってくる。「私といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と除霊作業の仕事を共にすることになる。そんな中、ふたりは刑事・半澤より一年前に起きた連続殺人事件の話を持ち掛けられる。調査をはじめたふたりは、やがて遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていたのだ。真相を探るふたりに度々聴こえてくる死んだ殺人犯の声。そしてふたりはある言葉にたどりつく―――。「ヒ ウ ラ エ リ カに. . . . だ ま さ れた. . . .」 。それはふたりがこれまでの除霊作業で度々耳にしてきた名前だった。彼女は何者なのか?彼女の目的は?ふたりはこの事件を解明できるのか…?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top