shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

森郁月 出演映画「偶然と想像」ベルリン国際映画祭にて審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞!

森郁月出演映画「偶然と想像」が、第71回ベルリン国際映画祭にて、審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞した。

同作は、「偶然」と「想像」をテーマにした3話オムニバスから成る濱口竜介監督初の短編集で、濱口監督自身が「ハッピーアワー」等のプロデューサー高田聡氏とともに企画立ち上げを行い、2019年夏から約 1年半をかけて製作。脚本もすべて濱口監督自身が手掛け、撮影は「うたうひと」「ひかりの歌」の飯岡幸子が担当した。

森は、第2話『扉は開けたままで』に出演している。
大学教授・瀬川(渋川清彦)は 50 代にして芥川賞を受賞した。彼に落第させられた男子学生・佐々木(甲斐翔真)は逆恨みから彼を陥れようと、同級の女子学生・奈緒(森郁月)に瀬川の研究室を訪ねさせる。

カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭の1つとして知られるベルリン国際映画祭にて銀熊賞を受賞したことを受け森は、「銀熊賞受賞と聞き、感激しそして大変嬉しく思います。強い意志を持って完成まで導いてくださった濱口監督、そしてスタッフ、キャストの皆様に感謝します。この作品を撮影した頃から完成までの間に、世の中の状況は大きく変化しましたが、この受賞を機に、世界中の皆様の元へこの作品が届くことを願っております。」と喜びのコメントを寄せた。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top