shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

奥平大兼 「第30回日本映画批評家大賞」新人男優賞受賞!

奥平大兼が、第30回日本映画批評家大賞で新人男優賞を受賞した。

日本映画批評家大賞は、映画界を励ます目的のもと、現役の映画批評家が集まって実行するもので、1991年水野晴郎が発起人となり、淀川長治、小森和子等、当時第一線で活躍していた現役の映画批評家たちの提唱により誕生。批評家による批評家だけの目で選んだ他に類を見ない賞となっている。

今回、デビュー作である映画「MOTHER マザー」(2020年7月公開)の演技を受けて受賞となった奥平は、「僕がこんな賞を頂いていいのか、という気持ちはありますが、このように映画批評家の方々に評価して頂ける事はすごく嬉しいですし、今後の役者活動の糧になりました。そして今回、演技経験のない僕を選んでくださり、僕に演技のことを教えてくださった監督・キャスト・スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。他の作品でも来年、再来年とまた違う賞を受賞出来るように頑張ります。」とコメントを寄せた。

奥平の活動に今後ともぜひご期待ください!

©️2020「MOTHER」製作委員会
  • はてなブックマーク

pagetop

page top