shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

小田垣陽菜 朗読劇『箱庭同窓会』公開ゲネプロ!

小田垣陽菜出演、演劇ユニット【メイホリック】[メイホリックシアター03]朗読劇『箱庭同窓会』が、3/25(木)新宿シアター・ミラクルにて開幕。同日、関係者向けの公開ゲネプロが行われた。

演劇ユニット【メイホリック】は、晦冥なブラックメルヘンの脚本と、明快でエネルギッシュな演出、対象である世界観を調和させ、中毒性のある独創的な作品を創り出していくガールズ演劇ユニット。
同作では、中学校の同窓会に集まった少女たちの無自覚が生んだ悲劇の物語が描かれる。

生徒の1人・藤田憧子(ふじたあこ)を演じる小田垣は、自身の役柄について「明るい性格で、周りにも気を遣わせないように振舞っているんですけど、ある事が起きて不登校になってしまうという役どころです。」とコメント。

同作の見どころについて「全てが覆されるところです。最初の方は生徒たちがわちゃわちゃしていて楽しい感じなのですが、後半はそれが全て覆されます!」と語った。

最後にご来場いただく皆様に向けて、「先ほども言ったように全てが覆る作品となっておりますので、ご期待いただいて、ぜひお越しください。千秋楽まで頑張っていきたいと思いますし、面白い舞台を作っていきたいと思いますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします!」とメッセージを送った。

演劇ユニット【メイホリック】[メイホリックシアター03]朗読劇『箱庭同窓会』は、3/28(日)まで新宿シアター・ミラクルにて上演。また、小田垣は、3/26(金)15:30回、3/27(土)19:30回のアフタートークイベントにも出演。
是非劇場でお楽しみください。


〔あらすじ〕
【大森中学校第35期~37期 美術部員による同窓会のお知らせ】
そんな手紙により懐かしの美術室に集められた6人の少女たち。
しかし当然、“あの子”はいない。
誰もがその事実から目を背けて触れない中、
顧問の教師が口火を切る。
「皆さんご存知ですか?彼女はこの学校を卒業した後、自ら命を絶ちました。
理由は…、あら。皆さん、心当たりがあるようですね?」
静まり返る美術室。
「それではこれから、皆さんに懺悔の時間を与えます。」
学校という小さな箱庭が世界の全てだった。
少女たちの無自覚が生んだ、悲劇の物語。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top