shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「FUNNY BUNNY」完成披露上映会!

中川大志主演映画「FUNNY BUNNY」の完成披露上映会が3/30(火)ニッショーホールで行われ、関めぐみ、飯塚健監督と共に中川が登壇した。

「FUNNY BUNNY」は、「ステップ」「虹色デイズ」「荒川アンダーザブリッジ」などで知られるマルチクリエーター・飯塚健監督によるオリジナル戯曲。2012年に上演されて大いに反響を呼んだ舞台版では「現在」「2年後」「4年後」という秀逸な構成で時空を軽やかに移動し、謎が謎を呼ぶという緻密なプロットが演劇ファンを熱狂させ、全公演がSOLD OUT。のちに飯塚監督自らの手によって小説家化もされている。
上演中から、再演、映像化の問い合わせが殺到し、このたび満を持して映画化される同作は、舞台の設定がさらに進化し、大胆な構成のもと、音楽と映像による総合芸術作品に仕上がった。

とある図書館に「強盗」しに現れた二人の愛くるしいうさぎ。目的は「絶対借りられない本」を見つけること・・・はぁ!?だが、あっという間に形勢は逆転し、捕らえられてしまう。観念した剣持(中川大志)と漆原(岡山天音さん)から事の真意が明かされる。「絶対に借りられない本の中に、宝の地図が隠されている」。そこに秘められた驚愕の真実とは!?月日は流れ、図書館で出会った五人は、またしても剣持からのとんでもないミッションをするハメに。それはラジオ局を「襲撃」し「電波」を盗むこと。剣持から語られたのは、まったく売れなかったバンドと幻の名曲に秘められた哀しい真実。果たして無事にクリアできるのか? DJブースのマイク前に立つバンドによる、最後の曲が流れ始めるー。

中川は、自殺志願者を見分けることが出来る能力を持つ自称小説家で、「世界を救うのはいつだって、想像力だ」と豪語する、一癖も二癖もあるアクの強いキャラクター・剣持聡を演じる。

上映前に行われた舞台挨拶にて中川は、「こうして皆さんとお会いできるのも久々のような気がして、本当に嬉しく思っています。今日は初めて皆さんに観ていただける日なので、どういう風に受け取っていただけるかドキドキしています。楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

今年の1月~2月に行われた撮影を振り返り、「僕が「FUNNY BUNNY」に出会ったのは、高校1年生くらいの時でした。飯塚監督と出会って間もないころに監督から小説をいただきまして、その時はまさか自分が演じるとも思っていませんでしたし、映画化の具体的なお話もまだありませんでした。それから監督と何度かお仕事や食事をさせていただき、“いつか「FUNNY BUNNY」を映像化できたらいいね”という話をこの数年間でしていたところだったので、数年越しに夢が叶ったという思いでした。撮影初日に図書館に立った時に“「FUNNY BUNNY」やってる!”と思ったのですが、今こうやってお客様の前に立って、“映画ができたんだ”と改めて感じました。話が動き出してからはあっという間のスピード感で、目まぐるしい日々でした(笑)。」と話した。

役作りについて、「裏話をすると、もともと漆原をやると思っていたというか、漆原っていう感じでしたよね、監督。」と明かすと飯塚監督が“小説を渡し、定期的に話している中では(中川の役が)漆原のほうがリアルだと思っていた。でも年を重ねていくにつれて、せっかくこの企画をやるなら剣持をやってみたら?という話をした”と話し、「僕の中で剣持聡という男がこうあってほしいというキャラクター像が初めて読んだ時から強くあったので、いつか映像化して誰かがやるにしても、明確にこうあってほしいというのはありました。監督から“剣持をやってみないか?”と言われた時に、考えてもいないことでしたし好きなキャラクターだからこそプレッシャーでした。剣持像をしっかり僕が体現できるのかと。」と振り返る。するとMCから“剣持はカリスマ性があって魅了するキャラクター。中川さんにぴったりだったと思いますが…”と言われ、「そうですね、それは僕が持ち合わせている部分と言いますか、素の部分と言いますか…冗談です(笑)。剣持は小説を書く男なので、言葉に力と説得力があって、立っている背中にいろいろなものがにじみ出てくるような役にしたかったんです。この映画の中でうさぎが増えていくのですが、観てくださったお客様も剣持について行きたくなるような男にしないといけないという重大任務があってビビっていました。」と心境を語った。

映画の前半で絶対に借りられない本を求めて図書館に強奪しに行くシーンがあることから、手段を選ばず何としても手に入れたいものは?という質問があがり、「身長があと1センチあったら180センチになるんですよ。プロフィールに180センチって書きたいじゃないですか。」と言うと飯塚監督が“書いちゃえばいいじゃん”と促し、「正直に言わないといけないと思っていて、書けない性格なんです。(大きくなるために)特にしていないのですが(笑)、よく寝てカルシウムを取って…。」とジョークも交えて答えた。

その後、同作の注目ポイントを聞かれ、「ポスターでうさぎの着ぐるみを被っていますが、実際にそういうシーンも出てきます。着ぐるみって至難の業なんです。視界が狭くなりますし、意外と重さもあって首が筋肉痛になったり酸素が薄くなったり。その中で僕と天音君が飛んだり跳ねたり頑張ってBUNNYなことをしているので、そこに注目して観てください。カッコよくなっていると思います。」と笑顔で話した。

そして最後に、「こうして皆さんと直接お会いして映画の完成を報告することができて、本当に嬉しいです。この1、2年の間に考えていたことや思うことを剣持の言葉に乗せました。今観ていただきたいメッセージ、届いてほしいメッセージが詰まった映画になっていると思います。劇場だけではなくご自宅などいろいろなところで観ていただき、うさぎを増殖していってください。この後楽しんで観てください。よろしくお願いします。今日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「FUNNY BUNNY」は、4/29(木・祝)より、映画館&auスマートパスプレミアムにて同時ロードショー。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top