shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

高梨臨 日英合作映画「Cottontail(コットンテール)」出演決定!

高梨臨が、日英合作映画「Cottontail(コットンテール)」に出演することが発表された。

同作は、英映画協会ネットワークと英アカデミー賞クルーによる共同プロデュース、イギリス人監督であるパトリック・ディキンソンの新作で愛する人を失うことにより崩れかけた家族の愛の再生の物語。世界共通の家族愛、誰もがその生涯で経験する大切な人を失うこと。その悲しみを受け入れるまで様々な思いを、妻であり母である明子の遺言に残された地、イギリス北部の湖水地方にあるウィンダミア湖への旅の中で描いてゆく。

健三郎(リリー・フランキー)は、妻・明子(木村多江)を失うまで、しばらく一人息子のトシ(錦戸亮)とは疎遠になっていた。明子の葬式で久し振りに、トシとその妻さつき(高梨臨)、孫のエミに会う。喪主であるはずの健三郎は、酒に 酔い、だらしない態度をとる。トシは、そんな父親に苛立ちつつも、気にかける。そして、明子の遺言状が開封され、そこには、明子が子供の頃に好きだった『ピーターラビット』発祥地であり夫婦で行きたいと思っていた、イギリスのウィンダミア湖に散骨して欲しいという内容だった。健三郎とトシ一家は、明子の願いを叶えるため、イギリス北部の 湖水地方へ旅立つ。イギリスに来ても、何かに悩みながら大人げない態度をとり続ける健三郎にトシは、苛立つ。心を開き、向き合えない健三郎とトシは、旅の途中のロンドンで言い争いとなり、健三郎は何も言わずに一人で湖に向かってしまう。道に迷い、疲れ果て、途方に暮れていると、ある農場に住むジョン(キアラン・ハインズ)とその娘 メアリー(ジェシー・バックリー)に出会う。優しい二人の世話になり、しだいに心がやすらいでいった健三郎は、意を 決し、トシに連絡をする。そして迎えに来たトシに打ち明けたずっと言えなかった秘密とは…

日英合作映画「Cottontail(コットンテール)」は、2022年日本公開予定。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top