shadow
カナイジュンイチ

金井純一

ニュースNEWS

MOVIE

金井純一 監督作品・映画『マイ・ダディ』公開初日舞台挨拶!

金井純一監督作品映画『マイ・ダディ』が9/23(木・祝)公開初日を迎え、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に金井が登壇した。

同作は、CCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社と、株式会社蔦屋書店が主催し、これまでに、「嘘を愛する女」、「ブルーアワーにぶっ飛ばす」等、多くの良質な作品を世に生み出してきた映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYACREATORS'PROGRAM(TCP)」の2016年準グランプリ受賞企画『ファインディング・ダディ』を、『マイ・ダディ』というタイトルで映画化した作品。

御堂一男(ムロツヨシさん)は、中学生の娘・ひかり(中田乃愛さん)と2人暮らし。最愛の妻・江津子(奈緒さん)は8年前に他界。一男は小さな教会の牧師をしながら、ガソリンスタンドでアルバイトに励みつつ、ひかりを男手ひとつで育てている。思春期に突入したひかりはちょっぴり反抗的な時もあるが、優しくて面白いお父さんのことが大好き。牧師として多くの人に慕われ、たまに娘と些細な喧嘩をしながらも、2人の穏やかで幸せな日々は続いていく……と思っていた、ある日、突然ひかりが倒れてしまう。病院で下された診断は“白血病”。混乱し事実が受け入れられない一男だったが、担当医師からある衝撃的な事実を告げられる。なんと、愛する娘は、自分の実の子ではなかった。ひかりに適合するドナーは「数百万人に一人」という残酷な現実が一男をうちのめすが、「血縁者は適合率が上がる」という事実に気付いた一男は、ある思い切った行動に出る……。

上映後に行われた舞台挨拶にて金井は、「今日こうしてキャストの皆さんと初日を迎えることができて幸せな気持ちです。最後まで楽しんで舞台挨拶をできればと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

自身のTwitterにて100日間“#●日後に公開する映画マイダディ“というハッシュタグとともに同作に関する投稿をしていたといい、「100日前から連続で昨日までこの映画のことをつぶやかせていただきました。実は昨日の投稿は、最後の5行の頭文字を上から縦に読んでいくと”ムロツヨシ“になるんです。最後の”シ“が主演の主という字に紛れていて、100日つぶやいたのでファンの方で誰かは気付くだろうなと思っていたのですが、誰一人気づいていませんでした(笑)。凝りすぎたラブレターを送ったら気づかれずに振られたみたいな感じになってしまいました。」と笑いを交えて語った。

続いて、SNSで”ムロツヨシさんに泣かされた”という感想が飛び交っているという話題に。ムロツヨシさんが同作での演技について、“監督のおかげで、いつものおちゃらけや汚い手を使ってでも人の笑い声を取る、というのとは違う感触を初めて味わった”と明かすと、「今までにないムロさんを撮りたいということは初めにお話しさせていただいたのですが、何年もかけてこの脚本を完成させたので、それをムロさんがやりたいと言ってくださった時点で“ああ、良かった”と思いましたし、この映画がうまくいくんじゃないかという手ごたえがありました。今回初めてムロさんとタッグを組みまして、この映画が伝わるよう真っ直ぐに純度が高くやっていけたので、僕としても財産になりましたし、仕上がりとしても良いものができたと思うので本当に良かったなと。胸がいっぱいです。」と話した。

そして最後に、「あっという間の舞台挨拶でしたが、とても楽しく過ごせたなと思います。今日からがスタートですので、この映画をぜひ全国に広めていただけたら嬉しいです。この後も、ムロさん、皆さんと一緒に走り続けたいと思います。ありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画『マイ・ダディ』は、絶賛公開中!
ぜひご覧ください。

■公式サイト
https://mydaddy-movie.jp/
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」オンライン開催!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」が、9月20日(月・祝)STAR CULTURE YouTubeチャンネルにて配信された。

同イベントは、新型コロナウイルス感染対策の観点から有観客での開催が見送られた「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を、STARDUST DIRECTORSに所属する監督陣の超激レア座談会として配信。

はじめに、若手監督発掘のために広く一般から短編作品を募集したコンペティション部門にて【STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞】を受賞した、金澤勇貴監督『雨のまにまに』、安村栄美監督『WAO』、晴日カシュ監督『時雨さんの渡世』をオンライン上映。
上映終了後には、川崎僚が司会進行となって受賞監督とのティーチインを実施し、受賞監督から作品の制作経緯や制作過程でこだわった点などが語られた。

続いて、1回目の監督座談会は金井純一、中島良、松本花奈が出演。中島が司会進行を務め、質問コーナーにてクロストークを展開した。
“映画を製作する過程の中で一番緊張するタイミングは?”という質問に松本は、「衣装合わせです。そのタイミングで初めてお会いするキャストの方もいるので、そのときが一番ドキドキしているかもしれないです。」と話した。
また、途中で吉野主がコメントを寄せ、「クランクイン前日が緊張します。遠足の前日のような緊張感で眠れないです。」と回答した。
“映画のクランクインまたはアップ時にするルーティンは?”という質問では、中島が、「一つ決めていることがあって、ロケ地で泊まるようにしています。家に帰ると映画が終わってしまう気がするので、自分を映画の中に留めるためにそうしています。」と明かした。
“撮影中に食べたロケ弁No1.は?”という質問には、金井が、「ムロツヨシさん主演の映画『マイ・ダディ』(9月23日(木・祝)公開)の撮影中にムロさんが鰻弁当を差し入れしてくださって、本当に鰻が分厚くて美味しかったです。それが最高のロケ弁でした。」と語った。

2回目の座談会では、川崎僚、竹内里紗、山元環、堀江貴大が出演し、堀江が司会進行を務めた。
質問コーナーにて、“映画を製作する過程の中で一番緊張するタイミングは?”という問いに、八重樫風雅が事前にコメントを寄せ、「いまだに前日は眠れません。撮影初日はいつもフワフワした感じです。テスト明けの部活みたいな感じです。」と回答。
続いて、山元は、「衣装合わせと本読みのときに、初めましての役者さんと(作品の)世界観の共有や、限られた時間で人間性をつかまないといけないのでプレッシャーがあります。」と答えた。
また、竹内が、「撮り終わって全部の素材を観るときです。それまでは現場で起こったことを取り入れながら作っていくのですが、素材を観るときは撮ったものしかないので緊張します(笑)。」と明かした。
“映画のクランクインまたはアップ時にするルーティンは?”はという質問では、堀江が、「クランクアップのときに、家で一人でビールを飲みます(笑)。撮影中は飲まないとお守りのように決めています。」と回答。
“撮影中に食べたロケ弁No1.は?”という質問には、川崎は、「一般の方の古民家で撮影をしたときに、(その家の)お母さんが揚げたてのフライドポテトを出してくれて最高でした(笑)。あれがMVPです。」と笑顔を見せた。

3回目となる座談会は、三木孝浩、瀬田なつき、落合賢、Yuki Saitoが出演。
“映画を製作する過程の中で一番緊張するタイミングは?”という質問では、司会進行を務める三木が、事前に寄せられた月川翔のコメントを、「撮影初日です。スタッフ、キャストが想像で準備してきたものが具体になる日なので、作品のトーンや撮影ペースが方向づけられます。想像通りに進むこともあれば、想定外だけれども想像を超える瞬間にも出会えたり、とにかくスリリングな一日です。」と読み上げた。
また、落合が、「脚本の初稿を提出するときのプレッシャーが半端ないと思います。撮影や編集はいろいろな要素が関わってきますが、脚本だけは自分一人の責任なので、どう反応されるか、いろいろな意味でプレッシャーです。」と答えた。
“映画のクランクインまたはアップ時にするルーティンは?”という質問には、Yukiが、「クランクアップをした瞬間に皆さんに感謝の気持ちを伝えます。また、いまはコロナ禍なので難しいですが、関わってくださった方のところに握手しにいきます。」と語った。
続いて、三木は、「メインキャストにお手紙を書きます。この作品をどう見せたいかと、どう演じてほしいかを書くことで自分の中でも整理できますし、キャストの皆さんにも現場中に読み返していただけるといいなと思って、映画『僕等がいた』からずっとやっています。」と明かした。
“撮影中に食べたロケ弁No1.は?”という質問では、瀬田が、「肉と魚のお弁当って選べるじゃないですか。それで本当に悩んでしまう日があって(笑)、数が少ないほうを選んでしまったりします。」と話した。
そして最後に、三木が、「ご視聴ありがとうございました。来年はぜひ会場でお会いしましょう。」と述べ、監督座談会を締めくくった。

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」の監督座談会は、9月27日(月)18:59まで期間限定配信中!
ぜひご覧ください。

■金井純一・中島良・松本花奈
http://youtu.be/Su27MFxUmC4

■川崎僚・竹内里紗・山元環・堀江貴大
http://youtu.be/pVDgLYNTGYs

■三木孝浩・瀬田なつき・落合賢・Yuki Saito
https://youtu.be/g79p-WRsJO4
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
大学在学中よりドキュメンタリー作品をはじめとした映像作品を製作。
2007年伊参スタジオ映画祭にて「求愛」がシナリオ大賞を受賞。2011年にはVIPOで選出され「ペダルの行方」を監督。
2012年、短編「転校生」が第7回札幌国際短編映画祭にて最優秀監督賞、最優秀国内作品賞の2冠を達成。
2013年「ゆるせない、逢いたい」で劇場長編映画デビュー。
2020年あいみょんが作詞作曲、DISH//の楽曲「猫」を原案にドラマ化した「猫」(テレビ東京)の監督・脚本を務め大反響を呼んだ。
「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」にて準グランプリ受賞したオリジナル企画『ファインディング・ダディ』が、『マイ・ダディ』というタイトルで遂に映画化!2021年秋に公開を控えている。
映画、ドラマ、広告と活躍の場を広げている。


<コメント>
「ドキュメンタリー製作をきっかけに飛び込んだ映画業界。人間ドラマを主軸に、強みは俳優の魅力を最大限に引き出す演出。映画だけでなくCM、PVなども精力的に製作します。(映像+音楽)×金井演出=いいもの作ります!」

WORKS

 
【MOVIE】
◆「マイ・ダディ」(2021)
◆「ちょき」(2016)
◆「さよならケーキとふしぎなランプ」(2014)
◆「ゆるせない、逢いたい」(2013)
◆「転校生」(2012)
◆「ペダルの行方」(2009)
◆「求愛」(2008)

【CM】
◆SUBARU フォレスター「Your story with-かくれんぼ篇」
◆SUBARU フォレスター 「Your story with-にんじん篇」(共同監督)
◆三菱UFJ信託銀行『こころを託す物語』「時計」篇、「心の資産」篇、「上場」篇(共同監督)
◆大日本住友製薬(2015/工藤阿須加)
◆Panasonic ストラーダ「家族の夢」(2015/大西信満)
◆ロッテ トッポ「ふたりだけの声」(2015/山口まゆ)
◆角川書店「女優堕ち」PV(2014/森川葵)

【DRAMA】
◆テレビ東京ドラマ25「猫」(2020)監督・脚本
◆読売テレビ「LINEの答えあわせ ~男と女の勘違い~」(2020)
◆テレビ東京 ドラマパラビ「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」(2019)
◆tvk・GYAO「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(2018)
◆BS朝日スペシャルドラマ「女優堕ち」(2016)
◆BS11「弱い男」(2014)
◆Hulu「ザ・ロブスターズ」(2014)

【MUSIC VIDEO】
◆「We Fight!」 feat. BATTLE BOYS "ebidence"
◆三月のパンタシア「風の声を聴きながら」
◆Dflat「水平線の向こうに」
◆おおはた雄一「風の声を聴いた日に」
◆SECRET GUYS「スーハーマン」
◆SECRET GUYS「My Monster Lovely」
◆SECRET GUYS「HUG×HUG」
◆PrizmaX「Ready」

【OTHER】
◆編集 MX連続ドラマ「泣きめし今日子」(2015/安達花穂、ブラザートム、利重剛、清水美沙)
◆編集 TX連続ドラマ「甲殻不動戦記ロボサン」メイキング(2015/私立恵比寿中学)

pagetop

page top