shadow
マツモトハナ

松本花奈

ニュースNEWS

MOVIE

松本花奈 映画『今夜、世界からこの恋が消えても』ポスタービジュアル&新キャスト解禁!

松本花奈が脚本を手掛けた、映画『今夜、世界からこの恋が消えても』(通称『セカコイ』)のポスタービジュアル&新キャストが解禁された。

原作は、電撃小説大賞の2019年受賞作品で、応募総数4607作品の頂点にして、冒頭からは全く予想できないストーリー展開と結末に全選考委員が涙したという傑作。その涙は国内に留まることなく、すでに韓国では20万部超えの大ヒットを記録しており、その感動を世界に広めつつあるタイトルだ。

クラスメイトのいじめを止めるため、同級生の女子・日野真織(福本莉子さん)に嘘の告白をした主人公・神谷透(道枝駿佑さん)。嘘の告白と分かりながらも、「放課後まで話しかけない」「連絡は簡潔にする」「お互いを本気で好きにならない」という3つのルールと合わせ、真織はOKの返事をする。
好きにならないと約束を交わすもお互いを知るにつれ、いつしか惹かれ合う二人。透がついに想いを抑えられなくなった頃、真織から出た言葉は予想もしないものだった。
「私。前向性健忘っていって、夜眠ると忘れちゃうの。一日にあったこと、全部」
毎日、記憶と経験をリセットされる彼女は日記に1日の出来事を書き留め、朝早く起きて復習することで記憶をつなぎとめていた。そんな彼女に少しでも幸福な日々を届けたいと献身的に向き合う透。
しかし、そんな日常は長く続かなかった。透が真織の幸せを守るために仕組んだ“ある作戦”とは―?怒涛のクライマックスと儚い優しさが、世界をふたたび、温かい涙で包む。

この度、同作のポスタービジュアルとして、夕暮れの中、記憶(恋)が消える夜までの残された時間を噛みしめ、慈しむ2人の“サンセットビジュアル”が新たに解禁となった。
ポスタービジュアルには、「消さなきゃいけなかったのは 君と過ごした一年だった。」という、2人が抱える運命の行く末を感じさせる印象的なキャッチコピーと、夕暮れの空を背に、眠りにつくと記憶を失ってしまう真織(福本さん)と、そんな彼女を見つめる透(道枝さん)の横顔が。夜が来ることは2人にとって、今日一日の記憶が消えてしまうことであり、そして真織の恋もリセットされてしまうことを意味する。そんな夜の手前である、黄昏時の残された時間を噛みしめ、慈しむ2人の切ない表情を切り取った。忘れられたくない透の想いと、それでも忘れてしまう真織の交わらない記憶が、合わない目線からも感じさせる。

さらに、2人を取り巻く気になる新キャストが明らかに!
真織が「前向性健忘」を患っていることを理解し支え、頼れる親友・綿矢泉を演じるのは、古川琴音さん。同作の重要な鍵を握る重要人物として、ドラマ「この恋あたためますか」「コントが始まる」などの話題作で発揮された、その存在感が今作でも輝く。そして、透の姉である神谷早苗を演じるのは、ドラマ「この世界の片隅に」やNetflixで配信中の映画「桜のような僕の恋人」など注目作の出演が続く松本穂香さん。透と真織の小さな恋を微笑ましく見守りつつも2人の未来を案ずるキーパーソンとなる。さらに、透の両親に萩原聖人さんと野波麻帆さん、真織の両親に水野真紀さんと野間口徹さん、2人の同級生に前田航基さん、西垣匠さんと注目の若手からベテラン勢までが脇を固める。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』は、7/29(金)全国東宝系にて公開!
ぜひご期待ください!

■公式サイト
https://sekakoi-movie.toho.co.jp/
  • はてなブックマーク

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」開催決定&コンペ作品募集!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」を、9月17日(土)、18日(日)に渋谷ユーロライブで開催することが決定した。

2017年からスタートしたこのイベント、今年はなんと二日間!所属監督の作品上映はもちろん、若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションも継続して行うことが決定している。

■参加監督
今年7月29日(金)には『今夜、世界からこの恋が消えても』が公開、8月には『TANG タング』、『アキラとあきら』の公開を控える・三木孝浩。まだ記憶に新しい大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』を監督し、昨年岡田惠和がオリジナル脚本を手掛けたヒューマンラブストーリー「連続ドラマW そして、生きる」(WOWOW)を監督し、号泣の嵐を巻き起こした・月川翔。Amazon製作初の邦画で世界配信中の『HOMESTAY(ホームステイ)』を監督した瀬田なつき。2018年社会現象にもなったドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日)の演出に参加し、公開するやいなや感想があがりSNSで大きな反響を呼んだ映画「君が落とした青空」を監督した新鋭・YukiSaito。ベトナムで制作した映画『サイゴン・ボディガード』が『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を抑えて初週1位を獲得した後、映画『パパとムスメの7日間』をベトナムで実写化しまたしても爆発的大ヒットを叩き出した落合賢。ムロツヨシ初主演の映画『マイ・ダディ』を監督し、今後の作品も目が離せない金井純一。次々に活躍の場を増やす中島良、吉野主らが所属している。
さらに、昨年公開された映画『明け方の若者たち』を監督し、三木孝浩監督作品『今夜、世界からこの恋が消えても』の脚本にも参加し大注目を集めている松本花奈。
川崎僚、竹内里紗、八重樫風雅、山元環、堀江貴大、高橋朋広、三川音璃ら若手監督の勢いも止まらない!
次に出てくるのは誰なのか!三木孝浩、月川翔はもちろん、スタダ監督から目が離せない!
所属監督16名の作品も上映予定!懐かしいあの作品も、スクリーンでみたかったあの作品の上映もあるかも!上映作品の解禁までしばしお待ちください。

■ショートフィルムコンペティション部門を開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位3作品を決定。上位3作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2022賞>としてイベント内でスクリーンにて上映されることが決定している。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を決定し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

<三木孝浩 コメント>
コロナ禍で延期になったり、オンラインでの開催もありましたが、やっと有観客で再び開催できることを本当に嬉しく思います!
このフィルムフェスティバルは、観客の皆さんとの交流の場であることはもちろん、監督同士が志を高め合う場でもあります。
今回は2日間にわたっての開催となり、第一線で活躍するプロデューサー&脚本家が審査員として参加するショートフィルムコンペも行われます。
新たな才能との出会いを一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!

【イベント概要】
開催日時:2022年9月17日(土)、18日(日)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2022年4月2日(土)12:00〜2022年5月31日(火)23:59
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2022」オフィシャルサイトへ
http://www.stardust-directors.jp/sdff2022
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1998年生まれ、大阪府出身。 慶應義塾大学総合政策学部在学中。

初長編監督作品 映画「真夏の夢」が史上最年少の16歳でゆうばり国際ファンタスティック映画祭に正式出品。
翌年、同映画祭にて映画『脱脱脱脱17』が審査員特別賞・観客賞を受賞。
第29回東京国際映画祭フェスティバルナビゲーターに就任。
2018年4月にTBS『情熱大陸』に出演する。

山戸結希監督が企画・プロデュースを手掛け、総勢15名の新進映画監督が集結したオムニバス映画『21世紀の女の子』にも参加し、映画、TV、MV、広告、写真と幅広いジャンルで活動をしている。

WORKS

 
【映画】
◆『明け方の若者たち』(2022)
◆『キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN!~』(2020)
◆短編「またね」 SUNTORY なっちゃん×SHISHAMO (2019)
◆オムニバス映画『21世紀の女の子』「愛はとどこにも消えない」(2019)
◆東映 presents HKT48×48人の映画監督たち「血まみれ Bitter Sweets」(2017)
◆『過ぎて行け、延滞10代』(2017)
◆『スクールアウトサイダー』(2017)
◆『脱脱脱脱17』(2016)
◆「真夏の夢」(2014)

【ドラマ】
◆LINE VISION『#love_delusion』(2021)
◆MBS/TBS実写「ホリミヤ」(2020)
◆テレビ東京ドラマ25「猫」第4話(2020)
◆WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」第3話、第8話(2020)
◆AbemaTV「僕だけが17歳の世界で」第5話(2020)
◆テレビ東京「死役所」第6話、第9話(2019)
◆朝日放送テレビ「ランウェイ24」(2019)
◆フジテレビ「平成物語 なんでもないけれど、かけがえのない瞬間」(2019)
◆テレビ東京「Friend-Ship Project 祝!春日、結婚します!~おまえ!オードリー解散って本気で言ってんのか?~」(2019)
◆フジテレビ「平成物語 平成が終わる。僕たちは何者になれたのだろう。」(2018)
◆テレビ東京「恋のツキ」(4.9話) (2018)
◆TBS「中学聖日記」スピンオフムービー「聖ちゃんと会う前の僕たち」(2018)
◆NHK BSプレミアム「新日本いいね!」

【広告】
◆ケアリッツ・アンド・パートナーズ「愛のあるウソ」
◆HONDA 「バイクに乗っちゃう?」
◆ホットペッパービューティー「春、変わる時」
◆Xperia5 「Pursue your passion」 
◆東京タワー天の川イルミネーション&CITYRIGHTFANTASIA
◆ロリエ40周年スペシャルムービー
◆富士通キャンパスPC Webムービー
◆講談社「楽しかったよね」(橋爪駿輝著)スペシャルムービー
◆Simeji 「片思い送信中」
◆Cancam LOVEVIDEO特集
◆キットカット ネスレシアター「運命と出会うまでの一週間」(第2話)

【MV】
◆KALMA「恋人」
◆とけた電球「灯」
◆フジファブリック「たりないすくない feat.幾田りら」
◆井上苑子 「ぜんぶ。」
◆東京少年倶楽部「flipper」
◆みゆはん「一年半の僕ら」
◆みゆはん「綺麗になったよ」
◆Chou(HKT48)「キスの花びら」
◆HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」「Just a moment」
◆≠ME「君の音だったんだ」
◆Someday Somewhere「いつの日かどこかで」
◆EMMA HAZY MINAMI 「Plastic Love 」(原曲:竹内まりや)
◆崎山蒼志「国」 
◆羊文学「ロマンス」
◆羊文学「Step」
◆井上苑子「大切な君へ」
◆室井雅也「A GIRL BY SEASIDE」
◆おとぎ話「ONLY LOVERS
◆TrySail「FreeTurn」
◆はちみつロケット「花火と漫画とチョコと雨」
◆花澤香菜「ざらざら」
◆Softly「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」

【写真】
◆NMB48太田夢莉ファースト写真集「ノスタルチメンタル」
◆祷キララファースト写真集「はじめての三人」
◆「私が撮りたかった女優展Vol.2」(小西桜子)

pagetop

page top