shadow
ユウキサイトウ

Yuki Saito

ニュースNEWS

EVENT

「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」開催決定!

スターダストに所属する映画監督らによるイベント「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」を、9月19日(日)、20日(月・祝)に渋谷ユーロライブで開催することが決定した。

今年はなんと二日間にわたってイベントを開催!所属監督の作品上映はもちろん、若手監督発掘のために一般から短編作品を募集するショートフィルムコンペティションも継続して行う。

■上映作品
三木孝浩は、2016年に公開された映画『青空エール』の上映が決定。同作は、2008年の連載開始当初から人気を博し、2015年に惜しまれつつも堂々のフィナーレを迎えた河原和音さんの漫画「青空エール」を実写映画化。「好きな人の夢を全力で応援したい」、支えあい、惹かれあい、成長する二人の姿を描く青春傑作ストーリーとなっている。吹奏楽部でトランペットを始めたヒロインには土屋太鳳さん、甲子園を目指し奮闘する野球部員を竹内涼真さんが演じている。キラキラ輝く二人の演技にも大注目!
また、月川翔は、「劇場版 そして、生きる」の上映が決定。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など数々のヒューマンドラマを執筆してきた脚本家・岡田惠和さんが紡いだオリジナルストーリー。2019年WOWOW連続ドラマWで放送され「まるで映画作品のようだ」「ひとりでも多くの人に観てもらいたい」という熱烈な声に答え、再編集を施すことで満を持して映画化された。有村架純さん演じる気仙沼でボランティア活動に参加する瞳子と、坂口健太郎さん演じる学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清隆が、気仙沼での日々を共に過ごすなかでやがて互いに特別な感情を抱いていくという物語。不思議な縁により出会う二人が壮大な物語のなかどのような逆境に遭遇し、どんなふうに力強く生きていくのか。2人の運命を見届けよう。
さらに上映後には、毎年恒例監督×豪華ゲストによるティーチインも実施予定!
豪華ゲストは完全シークレット!当日ご来場のお客様のみ知ることができるとっておきのサプライズをお楽しみに。
ティーチインでは、準備の期間から、公開に至るまでの様々な思いやエピソードを振り返る。お客様からの質問にも答え、アットホームな空気で進むこのイベントだからこそ聞き出せる裏話が飛び出すこと間違いなし!!

■ショートフィルムコンペティション部門を開催
30分以内の短編作品を募集し、審査員の厳正なる審査により上位4作品を決定。上位4作品は<STARDUST DIRECTORS film fes. 2021賞>としてイベント内でスクリーンにて上映されることが決定している。
さらにその中から、当日の審査員・ご来場のお客様の評点でグランプリ作品を決定し、グランプリに選ばれた若手監督には<STARDUST賞>として、スターダストグループ全面バックアップのもと<ショートフィルム>と<ミュージックビデオ>の2作品を監督するチャンスが与えられる。

【イベント概要】
開催日時:2021年9月19日(日)、20日(月・祝)
場所:ユーロライブ(住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階)
上映作品:『青空エール』、『劇場版 そして、生きる』、ほか
ショートフィルムコンペティション応募受付期間:2021年4月1日(木)12:00〜2021年5月31日(月)23:59
詳しくは「STARDUST DIRECTORS film fes. 2021」オフィシャルサイトへ!
http://www.stardust-directors.jp/sdff2020
  • はてなブックマーク

MOVIE

Yuki Saito 監督作品・映画『たぶん』主要キャスト解禁!

Yuki Saito 監督作品・映画『たぶん』の主要キャストが解禁された。

若い世代を中心に爆発的な人気を誇っている“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」はBillboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで複数週にわたって1位を獲得し、ストリーミング再生回数は2020年9月に2億回を突破。さらに双葉社から発売になったYOASOBI初の紙書籍「夜に駆けるYOASOBI小説集」は初版35,000部からスタート、各種ランキングでも上位に食い込み、発売一週間で重版が決定した。同作は、その小説集にも収録されているYOASOBI第四弾楽曲の原作小説「たぶん」(しなの 著)を原案としたオリジナルショートストーリーを映像化した作品となっている。

この度、主要キャストと「たぶん」を原案としたオリジナルのストーリーラインが解禁。
大学生カップルで同棲をしていたが気持ちのズレを感じ、別れを選んだササノとカノン、夏の大会が自粛で中止となってしまった高校野球部員・川野とマネージャー・江口、そして社会人で恋人同士だがお互いの気持ちに応えられなくなっているクロとナリ。新星個性派キャストが紡ぐ3組の男女の“最も切ない別れ”と“新しい一歩”の物語を主題歌となるYOASOBIの「たぶん」が切なく彩る。
ササノを演じるのは「魔進戦隊キラメイジャー」に出演し、アーティストとしても活躍する木原瑠生、カノン役にドラマ「中学聖日記」に出演し、舞台「アルプススタンドのはしの方」や映画「テロルンとルンルン」で主演を務める小野莉奈、川野役を映画「滑走路」で大抜擢された寄川歌太、江口役にNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」に出演する吉田美月喜、ナリ役に女優・タレント・YouTuberとして活躍するめがね、そしてクロ役には舞台「黒子のバスケ」やミュージカル「刀剣乱舞」に出演する糸川耀士郎が演じる。

Yuki は、「「多分(たぶん)」と「屹度(きっと)」いう対義語を同時に使いたくなる繊細な気持ちを、次世代を担っていくフレッシュなキャスト達と共に表現していきたいと思います。加速度的に時代の波に乗るYOASOBIさんとのコラボにも胸が⾼鳴っています。同じ⼩説から⽣まれる⾳楽と映画が劇場で⼀つになる瞬間をお楽しみ下さい。」とコメントを寄せた。

映画『たぶん』は、11/13(金)公開!
当たり前が当たり前じゃなくなった今。誰もが経験する<新しい時代の、新しい選択>。映画「たぶん」が描くのは曖昧な言葉の中にある確かな気持ち。この秋、最も切ないショートストーリーにご期待ください。

■公式サイト
https://monogatary.com/tabun_movie/

【STORY】
<ササノとカノン>
大きな物音で目覚めるカノン。別れたササノが部屋を整理しに帰ってきていた。同棲を始めた時、「私たちは変わらない」そう思っていたのに些細なことで少しずつ“ズレ”を感じ、別れを選んだ二人。大学はオンライン授業になり、就職活動を控える中、将来を真剣に考えるカノンと楽観的なササノ。どうしてこうなったの?悪いのは彼なのか、私なのか。たぶん……。

<川野と江口>
サッカー部の川野とマネージャーの江口はビデオ通話をしていた。今頃、最後の大会を迎えているはずだったが、今年は自粛により中止に。努力が報われないまま、憂鬱な受験の話をしていた。通話を切ると川野のラインにチームメイトから江口が東京へ引っ越すと知らされる。3年間チームと自分を支えてくれていた江口のことを思い、気づくと川野は自転車で走り出していたー。

<クロとナリ>
インテリアデザイナーのナリは彼氏のクロとなかなか連絡が取れず、直接家を訪ねる。インターホンを押すとクロが出迎えるも、玄関にはヒールの靴が。アリサと名乗る女性は編集の仕事をするクロの元同僚。クロが貸していたDVDを返しにきていたという。クロのことが大好きなナリは動揺を隠せずその場で言い合いになってしまう。こんなにも好きなのに……。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

プロフィールPROFILE

PROFILE

 
1979年6月21日生まれ。千葉県出身。監督。
Columbia College-Hollywood 卒

高校卒業後に渡米し、本場ハリウッドで8年間映画を学ぶ。
2015年、短編映画『ゴッサム ジャンブル パフェ』でショートショートフィルムフェスティバル&アジア史上初となる4度目の「観客賞」を受賞後、世界各国20以上の映画祭で上映。2012年には、被災地のペット達の救援活動をドキュメントした『インスタントペットハウス』がカンヌ国際広告祭「Direct部門」でシルバーとブロンズ、「Design部門」でもブロンズを受賞し、2013年、サンシャイン水族館『ペンギンナビ』がカンヌ国際広告祭「Mobile部門」でシルバーとブロンズを受賞。翌2014年にも同作が「Design部門」でゴールドを受賞し、3年連続のカンヌ受賞を達成するなど、CM監督としても国内外で高い評価を受ける。ドラマでは『ロボサン』(TX)ではVFXアニメーションと実写をコラボさせた新しい試みで話題を集め、第68回日本映画テレビ技術協会VFX部門映像技術賞を受賞。2016年4月クールに放送された「昼のセント酒」(TX)が話題を呼ぶ。
2016年秋には商業長編デビュー作として川端康成原作「古都」を現代版にアレンジし、松雪泰子(一人二役)を主演に迎え、橋本愛、成海璃子、伊原剛志、奥田瑛二など実力派俳優が出演し、原作の未来を描く映画『古都』で商業長編デビューを果たし、文部科学省特別選定映画に選出される。2018年「おっさんずラブ」(テレビ朝日)第6話放送後、Twitterの世界トレンド1位をとなる大反響を読んだ。

WORKS

 
【MOVIE】
◆ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-『Our Birthday』(2018)
◆「Matcha!!!」(2016)
◆「古都」(2016)
◆「ゴッサム ジャンブル パフェ」(2015)
◆「しゃぶしゃぶスピリット」(2015)
◆「あのときのFlavor...」(2014)
◆「胸にTATTOOなんかいれて」(2012)
◆「桐生人」(2012)
◆「Re:Play-Girls」(2010)
◆AI監督「Take Action」脚本・Associate Director(2009)
◆「カクレ鬼」(2008)
◆「帽子屋さんのお客様」(2007)
◆「返り討ち」(2007)
◆「AMERICAN DEAL」(2005)

【DRAMA】
◆テレビ朝日金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』第5話、第7話(2021)
◆テレビ朝日オシドラサタデー「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」第7話、第8話、スピンオフ(2021)
◆テレビ朝日 「おっさんずラブ in the sky」第3話、第6話、第7話(2019)
◆テレビ朝日「私のおじさん~WATAOJI~」第2話、第5話、第7話(2019)
◆テレビ朝日「あなたには渡さない」第3話、第4話(2018)
◆テレビ朝日「おっさんずラブ」第3話、第6話(2018)
◆AbemaTV「会社は学校じゃねぇんだよ」第5話、第6話(2018)
◆AbemaTV「オトナ高校 エピソード0」(2017)
◆TX「昼のセント酒」(2016)
◆UULA「ソイカレ」(2015)
◆TX「甲殻不動戦記ロボサン」(2014)
◆TokyoMX,BS11「BATTLE☆DISH//」(2014)
◆DVD 小学館「ドーリィ♪カノン」(2013)

【CM】
◆クラッシュオブキングス「五つの掟」
◆損保ジャパン日本興亜「off!」
◆ブルボン「ズルイよ、甘杉くん!」全8本
◆福屋不動産販売「東京ローカルプロモーション」 ブランデットムービー
◆NifMo by Nifty「轟満の先入観」 ブランデッドムービー
◆LIVEMAX「LIVEMAX」(2013)
◆バンダイ「スマトモ」(2013)
◆池袋サンシャイン水族館「ペンギンナビ」(2013)
◆どうぶつ救援本部「インスタントペットハウス」(2012)

【MUSIC VIDEO】
◆スキマスイッチ「吠えろ!」
◆ケツメイシ「さくら」(2021年ver.)
◆まいきち「どこでもスタート」
◆GReeeeN (GReeeeN Tea)「ノスタルジア」
◆スキマスイッチ「Revival」
◆KOBASOLO「背中合わせ(feat.安果音)」
◆MACO「Sweet Memory」
◆忘れらんねえよ「いいひとどまり」
◆K「桐箪笥のうた」
◆K「ハラボジの手紙」(2013)
◆Kanon「がんばれシンデレラ」(2013)
◆WAZZ UP「Be My Love」(2013)
◆香音「花粉デビルをやっつけろ!」(2013)

【OTHER】
◆DISH// 2015.1.1 日本武道館ライブ 総合演出
◆DISH// 2014.5.11 日比谷野外音楽堂ライブ 総合演出

pagetop

page top